代表挨拶

代表挨拶

皆さまこんにちは。
一般社団法人育母塾 代表理事 辻直美です。

私は15年前からほぼ毎日「子育て」に関わる講演会を続けてきました。

講演にいらっしゃる方は、子育て真っ最中。子育ての壁にぶつかって、悩みを抱えてやってきます。
講演のなかで、思い切り泣いたり、笑ったり、そして内省したりして、帰る時には雰囲気がガラッと変わります。
特に私は目が変わっていると感じています。

私は講演会で母親たちに何かアドバイスするわけではありません。

「赤ちゃんは1人の人である」
「人の立場に立って考える」

この2つをベースにして、母親たちにひたすら「問う」ているのです。
私の問いは「子供の目線」から発せられるものです。
その問いに対して、母親たちが自問自答し、答えを見つけていくのです。
それは、不安いっぱいで、先が見えていない「ママ」が揺るがない、しかし子供の気持ちをしなやかに受け止める「マザー」になっていく変化の過程。
この変化は、周りの母親たちにも大きな影響を与えます。私は自分の生き方もそうありたいと思っています。

子育てをする女性たちが「ママ」から「マザー」に変わり子供といる時間も自分の時間として楽しんで歩んでもらいたい、
そんな思いを込めて、「育母道」を伝える育母塾をたちあげました。

「育母道」は母を育むための道。
上へ、前へ進んで終わりのない道。
だからこそ「術」ではなく育母「道」。

そんな私の願いを込めた「育母道」が、あなたらしい道を歩んでいく道標の一つになることを願っています。

  • 辻直美
  • 辻直美
    一般社団法人育母塾 代表理事(育母道 師範)
    大阪府在住 正看護師

    元救命救急ナース、災害レスキューを専門とする(吹田市民病院・聖路加国際病院)現在も救命救急災害レスキューナースとしても活動中(国境なき医師団・JMTDR在籍)救急についての講演、執筆(著者/エキスパートナース連載、救急初療ケアマニュアル など)育児の在り方、ママと子供の姿勢についての講演会や講座を全国で開催している。ママ向けだけでなく、病院や保育園幼稚園スタッフに向けた講座や助産師科、看護科、保育科の大学での授業も請け負っている。