まぁるい抱っこ-一般社団法人 育母塾公式サイト

講座検索

講座カテゴリー:(05)なお先生のまぁるい抱っこ講座(たて抱き)

※終了済みの講座情報は表示されません

『(05)なお先生のまぁるい抱っこ講座(たて抱き)』は、
こんな方にオススメ
・首がすわり、体もある程度大きくなり、股関節脱臼の疑いが少なくなる頃のお子さん、
またはそれ以上のお子さんをお持ちの方(目安:生後6ヶ月以上)
・「はじめてのまぁるい抱っこセミナー」を受講済みの方
 (2021年8月以前の「まぁるい抱っこセミナー」や「まぁるい抱っこ講座」も可)
・まぁるい抱っこの「縦抱き」を学びたい方
・首がすわったお子様の抱っこについて悩んでいる方
・赤ちゃんが泣き止まない抱っこから解放されたい方
・子どもに関係する仕事をしている方

育母塾では、4ヶ月健診で股関節脱臼の疑いがないと診断されてから、「たて抱き」をするよう推奨しています。

アジア人特有の股関節脱臼を誘発しないためには、いくつかのポイントがあります。
見慣れている「たて抱き」ですが、手順が違っている場合や知らないことも多々あるかと思いますので、間違った抱っこでお子さんの成長を妨げないようしっかり学びましょう。

しっくりきたときの密着度と子どもの安心した様子、そして、今までにない軽さには、みなさん驚かれます。まぁるい抱っこの「たて抱き」を学びたい方は、ぜひご参加ください。

【この講座で学べること】
・たて抱きとは?
・よく見かける間違った抱っこ
・抱っこする人の姿勢が大事
・股関節脱臼について
・実践! リュックサックやカバンで練習しよう
・実践! 赤ちゃんを抱っこしてみよう
・質疑応答

※ご用意いただくものがあります。お申し込みの際にご確認ください。

対象:
・首がすわり、体もある程度大きくなり、股関節脱臼の疑いが少なくなる頃のお子さん、またはそれ以上のお子さんをお持ちの方(目安:生後6ヶ月以上)
・「はじめてのまぁるい抱っこセミナー」を受講済みの方
 (2021年8月以前の「まぁるい抱っこセミナー」や「まぁるい抱っこ講座」も可)
・まぁるい抱っこの「縦抱き」を学びたい方
・首がすわったお子様の抱っこについて悩んでいる方
・赤ちゃんが泣き止まない抱っこから解放されたい方
・子どもに関係する仕事をしている方

※お子さんの成長には個人差がありますので、対象年齢(月齢)は、一つの目安とお考えください。
お子さんの首がすわり、4ヶ月健診で股関節脱臼をしていないと診断されましたら、ご参加いただけます。

定員:6~10名(会場の広さや主催者様のご要望によって異なります)

時間:1日(90分)

備考:
対面での講座と、オンライン講座があります。
一般の方を対象とした講座ですが、専門職の方にもご参加いただけます。
妊娠中の方は体調に合わせてご参加ください。
服に養生テープを貼るワークがありますのでご了承ください。
綿素材などがオススメです。パンツスタイルなど、動きやすい服装でご参加ください。

講座はライブですので、ご参加の皆様に合わせて進行させていただきます。
ご準備いただいた物をすべて使わない場合もございますが、ご了承ください。

※本講座は、辻直美が推奨するスキンコミュニケーション「まぁるい抱っこ」の「たて抱き」を学ぶ講座です。アルマスリングの使い方、授乳の仕方、寝返りやハイハイなどお子さんの発達に関するご相談等は、それぞれの講座でお願いいたします。

※他社製の抱っこ紐や、他社製のスリングの使い方に関するご質問にはお答えできません。販売元のメーカー様にお尋ねください。

※お申込みが3名に満たない場合や、警報発令時などには、やむを得ず講座を中止する場合がございます。
必ず連絡が取れるメールアドレス・電話番号でお申し込みください。

※お子さんにとって心地よい抱っこをするためには、抱っこする側の姿勢が重要です。
まっすぐ立てていない方、姿勢が悪い方、体幹が弱い方、骨盤底筋群が緩んでいる方は、上手くまぁるい抱っこができないことが少なくありません。

このため、「大人の姿勢講座」→「はじめてのまぁるい抱っこセミナー」「なお先生のまぁるい抱っこ講座(前抱き・よこ抱き・たて抱きの3種類からご希望の講座)」→「なお先生のアルマスリング講座」の順に、ステップアップされるよう、おすすめいたしております。

<よくあるご質問(FAQ)>
https://ikubojuku.org/faq/
もご参考になさってください。

検索結果