まぁるい抱っこ-一般社団法人 育母塾公式サイト

FAQ オンライン講座ってどうなの?

Q オンライン講座で、まぁるい抱っこができるようになりますか?
Q オンライン講座で、アルマスリングが使えるようになりますか?
Q 受講中に赤ちゃんがギャン泣きしたら、講義が聞けないのでは?
Q オンライン講座のメリットは?

 

A 個人差はありますが、オンライン講座に参加されたほとんどの方が、「お子さんにとって安心で心地よい抱っことは何か」を理解され、改善方法を見出いしておられます。あとはご自宅での練習あるのみです。

 

<オンライン講座で、まぁるい抱っこができるようになりますか?>

多くの方が、今の抱っこの問題点に気付き、どのように改善すればよいかを学んでおられます。

辻はいつも、「抱っこはマインドが5割、姿勢が3割、方法が2割」とお話ししています。
オンライン講座「まぁるい抱っこセミナー」にご参加いただくと、きっとその意味をおわかりいただけると思います。

お子さんにとって安心で心地よい抱っこをするためには、抱っこする側の姿勢が重要です。
猫背、腰がそっておなかが前へ出ている、体が左右どちらかに傾いているなど、まっすぐ立てていない人は、「大人の姿勢講座」で正しい姿勢と体の使い方を学んでから、「まぁるい抱っこセミナー」→「なお先生のアルマスリング講座」の順に、ステップアップされるよう、おすすめいたします。

 

<オンライン講座で、アルマスリングが使えるようになりますか?>

練習すれば、できるようになります。スリングは着物の着付けと同じで、動画を見ただけで、すぐに一人で着ることができる方もいれば、何度も着付け教室に通って着られるようになる方もおられます。

オンライン講座で辻から直接習った後、おうちの中で繰り返し練習し、アルマスリングを安全に使えるようになってから、お出掛けにご利用ください。

 

<講座中に子どもが号泣したら?>

講座中、ママたちが講師の話に集中し始めると、お子さんたちは泣きますし、ぐずります。あらゆる手段を使ってママの気を引こうとします。
号泣する赤ちゃんは珍しくありません。

そんなときに、慌てず、どのように対応すればいいのかも、講座では学んでいただけるはずです。

講座では、参加しているすべての赤ちゃんが先生です。
赤ちゃんがなぜ泣いているのか、何を求めているのか、泣き方や表情、動きなどを観察して、どうすれば赤ちゃんの気持ち(要求)を満たしてあげられるのかをリアルに学ぶことができます。

オンライン講座は録画を行っており、講座終了後、主催者より視聴用のURLをお送りします。
3日間程度、見ることができますので、聞き逃したところ見逃したところだけでなく、何度でも繰り返し見て復習なさってください。
(通信状況により、稀に録画がうまくできていないことがありますが、ほとんどの場合、問題なくご覧いただけます。)

なお、講座中も、授乳・おむつ替え・水分補給などは、随時行ってください。お子さん最優先でお願いいたします。

 

<オンライン講座のメリットは?>

小さなお子さんを連れて講座会場まで出かけなくても、ご自宅で受講できます。
インターネットに接続できる環境と端末をご準備いただければ、全国どこにいても受講可能ですので、離島や海外にお住まいの方もご参加くださっています。

状況に応じてカメラやマイクをオフにできるので、講座中にお子さんが泣いても、授乳やおむつ替えを行っても、ほかの参加者さんに気を使わなくてすみます。

オンライン講座は録画を行っています。録画が視聴可能な期間中は、何度でも繰り返し見て復習できます。ご家族と一緒に見ていただいて構いません。

デメリットは、講師が直接触れてお教えできないことです。
画面越しですと、左右がわからなくなる方が時々おられます。
スマートフォンでご参加の方も少なくありませんが、なかには、画面が小さいため、見えにくいとおっしゃる方もおられます。