まぁるい抱っこ-一般社団法人 育母塾公式サイト

講座情報

【大阪・四ツ橋/西大橋】保育・教育・医療関係者のための食事講座(離乳食~食事を学ぶ)

  • (9)保育・教育・医療関係者のためのプロフェッショナルクラス

こんな方にオススメ・医師・看護師・助産師・保健師・保育士など有資格者様
・ベビーマッサージやベビーサインなど、民間の発行する資格保持者様
・子どもに関わるお仕事をしている方

  • 開催時間14時00分〜16時30分
  • 開催地大阪府
  • 会場笑び茶び庵(株式会社 笑 内)

<<育母塾主催講座>>

【大阪・四ツ橋/西大橋】保育・教育・医療関係者のための食事講座(離乳食~食事を学ぶ)
~プロフェッショナル講座~

 

この講座は、保育・教育・医療関係者など、
子どもに関わるお仕事をしているプロフェッショナルの方を対象とした食事講座です。
赤ちゃんの離乳食から、児童の食事までを学びます。

食べることは生きることです。

噛まなくても、味わわなくても、食べることは出来ます。
しかし、「自分で食べる喜び」を知らないままではもったいない。
噛む・味わう・飲み込むことを、解剖生理や辻直美の理論をもとに学びましょう。

「自分で飲む授乳」は食べることへの第一歩。
そこから食べることへとつながっています。
その解剖生理と機序を学び、実際に体験することで理解ができ、
本当に伝わる説明ができるようになります。

 

※プロフェッショナル講座につきましては、お子様のご同伴はご遠慮いただけますと幸いです。

 

【持ちもの】
・ペットボトル500mlの水
・ヨーグルト1個
・豆腐 小さいもの1パック
(納豆のパックくらいの大きさのもの。5cm四方以上あればOK)
・おにぎり1個
・曲がるストロー1本
・スプーン(子ども用、大人用など、いろいろな素材や大きさのものを数本)
・お箸1膳
・フェイスタオル3枚
・バスタオル1枚
・お持ちの方は、赤ちゃん人形

【内容】
1:食べるとは? 辻直美が考える食事の定義
2:いま、母親たちが抱えている食事の悩みと現実
3:赤ちゃんが「生きるために持っている機能」
4:授乳から食べるはつながっている
5:食事がうまくいかないのは「体の使い方を知らないから」
6:姿勢と食べることの関係
7:実際に体験してみよう
8:話す、伝える、伝わるの違い
9:みんなでシェアする
10:まとめ

【参加費】
19,800円(税込・テキスト代込)

 

【講師】辻 直美
国際災害レスキューナース
まぁるい抱っこマイスター
一般社団法人育母塾 代表理事

※一般の方は「赤ちゃんがゴクゴク飲む授乳とパクパク食べる離乳食の講座」にご参加ください。

講座の詳細情報

講座名 【大阪・四ツ橋/西大橋】保育・教育・医療関係者のための食事講座(離乳食~食事を学ぶ)
開催日 2019年7月15日(月曜日)
会場名

笑び茶び庵(株式会社 笑 内)

〒5500014

大阪市西区北堀江1-17-18 パールマンション701

Google Map

アクセス
・四ツ橋線「四ツ橋駅」4番出口より徒歩3分
・長堀鶴見緑地線「西大橋駅」4番出口より徒歩1分
・御堂筋線「心斎橋駅」より徒歩10分

1階喫茶店の東隣の入口より、エレベーターで7階までお越しください。

対象 医師・看護師・助産師・保健師・保育士など有資格者様。ベビーマッサージやベビーサインなど、民間の発行する資格保持者様。子どもに関わるお仕事をしている方。
定員 10名
料金 お一人19,800円(税込・テキスト代込)
時間 150分
主催 育母塾