まぁるい抱っこ-一般社団法人 育母塾公式サイト

講座情報

調布ファイナル1dayサバイバル

  • 開催時間10時00分〜16時00分
  • 開催地東京都
  • 会場調布市文化会館たづくり

生き残るためのサバイバル講座

お待たせ致しております。

9月サバイバル防災1dayの詳細です。
調布ではかなり初期から、なお先生の防災講座に注目していました。その理由は後でも書きますね。
何を隠そう「サバイバル講座」と呼び始めたのは私です。だって他のよくある防災講座とは全然段違いなので呼び方を変えたかったのです。
今回、午前午後の募集を分けようかとか、経費の面は工夫でもうちょっと安くできないかなとか、いろいろゴネゴネゴネゴネ考え回していたら、遅くなってしまい、お問い合わせ頂いている方々に、申し訳ないです。
私の努力でどうこうできることって限られているので、だったら参加した方が最大限に持って帰れる環境を整えるのが主催の使命だ!と思い、以下のように1day講座を行うことにしました。決して安くないのでしっかり学びたいですよね!
そして何より私が参加したいのです^^;
きっと家庭のご予算の関係で受講できない方もいらっしゃると思いますが、なぜ防災に対する意識が必要か盛り込んだ記事でもありますので良かったら最後まで読んで見て下さいませ。
今回のサバイバル1dayですが、ざっくり言いますと、
午前:生き残るためのサバイバル講座
午後:防災グルメ講座
で構成されています。
防災講座はとにかく準備が大変な講座なので、去年は次男の出産のため、調布では2年ぶりの開催になります。
その間に、なお先生もテキストもバージョンアップされているそうですアップ
「生き残るためのサバイバル講座」
皆さん、防災講座って聴くと、「保育園からプリントもらった」とか、「市で無料のがあるから」と大抵値段に驚いて敬遠されてしまうのですが、全然っ違います。
私は近所での防災講座(1500円くらいだったかな?)を受けましたが、AEDの使い方、避難リュックの中身、防災食の試食でした。
当時、家族全員分の3日分の避難食や水の入った30キロ近いリュックを持って子供を抱えて避難できるのか…現実的ではないなと、ボーッと見ていた記憶があります。
そう、よくある防災講座って、生き延びた後のお話なんですよね。
大震災が来たときに、家が崩れたり、家族がバラバラに離れたところにいたり、小さい子がいたり、そんな時にどつやって生き延びよう、そういう実践的なものやリアリティに欠けるんです。
家族に何かあってから、知っていればよかった、では遅いんです。自分を、、家族を守れるのは自分だけです。
いつぞやかの大洪水で、市の避難指示が遅かったから逃げ遅れたなんてニュースがありましたが、指示の遅れのお詫びをしてもらっても過去に戻ることはできません。そんな時は、指示が出る前に自分で考えて行動しないといけないのですよ。
よかったら読んで下さい
「奇跡は偶然には起きない」
ご存知の方もいるかもしれませんが、宮城県沿岸部にありながら、54人の園児を全員無事に避難させた保育園の話です。
『何もなかったら、笑って戻ればいい。』
そう、防災ってやり過ぎに越したことはないと思うんです。
{DAAFFF61-CFAB-4707-8D2A-F881B2D4B470}

子供達のために、親の私たちができること、一緒に学びませんか?

なお先生のサバイバル防災講座は、リアルです。国際災害レスキューナースとして活動された悲惨な被災地のお話なども出てきます。リアルゆえに、ご自身の被災経験を思い出し涙される方もいるくらいなのです…。
そして、午前のサバイバル講座の後は、簡単な防災食を用意してお昼にしようと思います。
これは午後の防災グルメの序章です。
知識があるかないかでどれだけ食卓が豊かになるかを体感して頂くつもりですのでお楽しみに(^^)
そして、午後に調理室に移り、防災グルメ講座です。島田のふるまう至極残念な防災食の後に、なお先生の素晴らしい防災グルメを頂きましょう!
私も初体験なので期待しかありません。
(というわけで何も書けず申し訳ないです)
前回、なお先生が東京でやられたときは次男の産後だったので指をくわえて先生のアップする美味しそうな料理の数々の写真をスマホで見ておりました。普段の時短料理やキャンプなどでも役立ちそうなので本当に楽しみです!
そしてそして今回、お土産付きです。
講座でも習う普段から持ち歩いて欲しい5種の神器がお土産として付きます!子供がいると買い回るのも大変ですよね…。
さらに、今回、保育室を同じフロア別室にご用意します。保育者はいませんので保育する人はそれぞれ連れてきて頂かないといけないのですが、ご家族に近くでお子さんを保育してもらえます。
保育室なので靴を脱いであがりますし、飲食もできます。おもちゃもあります。
もちろん子連れでの受講も大丈夫です!ただ、今まで3回主催してきて、皆さんがっつり参加したくてお子さんを預けて来る方がほとんどだったので^^;
お子さんが小さくて長時間離れるのが不安、授乳間隔が空くとつらい、いつも近くのカフェなどで夫と待機してもらっている、なんて方には良いのかな、と思い準備しました。
繰り返し書きますが、お子さん連れでの受講もOKです。用意した保育室でパパやおばあちゃんに保育してもらうのもOK、そんな感じです。
保育室の出入りは自由ですが、講座会場への出入りはお申し込みされた方のみでお願い致します。
夫婦で講座会場に出入りする場合はお二人分のご参加費が必要になりますのでご注意下さいませ。
以下、詳細です。
【調布だっこのサバイバル1day講座】
辻直美先生のサバイバル防災+防災グルメ
日時:2017年9月24日(日曜日)
9:30〜15:30(途中1時間お昼休憩含む)
場所:調布市市民プラザあくろす
(最寄駅、京王線国領駅徒歩1分)
いつもの自治会館ではないのでご注意願います。
参加費:大人1名30000円
(お持ちで無い方は別途テキスト代800円かかります)
{F8158083-CACF-4E3E-A307-14508C62C0B9}
なお
・質素な防災昼飯、
・なお先生からの防災五種の神器のお土産、
・防災グルメの試食、
・保育室(部屋のみ、保育者はおりません)使用料
は全て料金に含まれています。
今回、私の取りまとめのキャパの関係で10名ぴったりで締め切らせて頂きます。
ただいま申し込みフォームと記事作成中です。
またブログでお知らせしますのでお待ち下さいませ。今晩か明日午前には用意しますm(_ _)m
募集開始までにご家族でお話し合いして頂けるとと思います。
お申し込みは以下のURLからお願い致します。
1day講座は無理でもサバイバル講座だけでもという方は調布以外でもなお先生を招致して開催しているところがありますのでぜひ調べてみて下さいね。
《参考》

一昨年の防災講座の告知

https://ameblo.jp/chofudacco/entry-12068130537.html

(今年、防災講座は2時間→3時間に変更になり、またマネージメント体制へ移行したため値段が変更になりました)

一昨年のレポ

https://ameblo.jp/chofudacco/entry-12074930666.html

去年の防災の日のブログ記事

https://ameblo.jp/chofudacco/entry-12195301746.html

 

(調布だっこ様より)

 

講座の詳細情報

講座名 調布ファイナル1dayサバイバル
開催日 2018年9月16日(日曜日)
会場名

調布市文化会館たづくり

〒182-0026

東京都調布市小島町2丁目33−1

Google Map

対象 誰でも
定員 定員:10名
料金 参加料金:27800円(テキスト代込み)
時間 質疑応答と1時間の休憩時間を含みます
主催 調布だっこ